大橋 未歩

大橋 未歩さんの画像、動画やプロフィールなどの情報です

大橋 未歩

大橋 未歩(おおはし みほ、本名:城石 未歩、(旧姓:大橋)1978年8月15日 - )はテレビ東京アナウンサー。兵庫県神戸市長田区出身。血液型はB型。

人物
神戸女学院中学部・高等学部を卒業、一年の浪人を経て上智大学法学部法律学科に入学。在学中の1999年にはミスソフィアに選ばれた。また、アナウンサーコンテストが開催された際にはグランプリとなり、ミス慶応の司会を務めている。ちなみにこのミス慶応には、フジテレビの中野美奈子も参加し優勝している。
2002年にテレビ東京入社。
同期は倉野麻里、中川聡
愛称は高校時代から「ミホやん」。これは週刊プレイボーイの連載でも使われている。大抵は「大橋さん」と呼ばれる。ファンの間では関西色があまり感じられないという理由から「ミホリン」と呼ばれている。
学生時代からアナウンサーになりたいと言う願望が強く、上智大学に進学した理由も「卒業生から数多くのアナウンサー、キャスターを輩出しているから」であった。
ちなみに日本テレビ、TBS、フジテレビの採用試験に失敗した末、採用されたテレビ東京の志望動機も「オリンピックの取材に携わりたい」からであり、この希望は、「2004年アテネオリンピック」の取材アナウンサーに抜擢されたことから、早くも実現した事となる。
2005年からにはバラエティ番組も担当していて、やりすぎコージーの企画でグラビア撮影にチャレンジした。
バラエティ番組内でコスプレをすることがある。(ただ、本人は仕事としてコスプレをしている。しかし、ウサギの耳をつけたときは、「こんなもの付けていますが、3年後には三十路です。」と若干、不満ありの発言をしている。)なお、「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」でアシスタントがメイド姿になったところ、所ジョージに「自分が着ないから、嫉妬してんでしょ?」と突っ込みをいれられた。2006年9月8日の放送では、セーラー服姿で「私の大切なものは年に2度のボーナスです」とコメントした。
後輩の亀井京子とは同郷であり、デスクも隣同士である(亀井が配属される際、デスクの上を片付け・整理したという)。2006年9月30日から「スポーツ魂」で亀井と共演することとなった。
亀井京子を「かめきょん」と名付けた。また、アナウンス部で滝井礼乃の愛称に「たっきー」を考案している。このほか、前田真理子や大竹佐知の愛称も考えている。ちなみに後輩からは「未歩さん」と呼ばれることが多い。
大橋未歩のミホちゃんねる!
大橋未歩のミホちゃんねる!

また、度々巨乳アナとして週刊誌のアナウンサー関連記事に取り上げられ、また一部からは大橋巨泉ならぬ『大橋巨乳』と呼ばれている。
2006年2月22日には川嶋あいをモデルとした小説「大切な約束」を朗読したCDを出している。
インターネット検索ランキングのアナウンサーおよびキャスター部門では毎回、上位にランクインしている。(ちなみにトップ10の大半はフジテレビアナウンサーが占めている)また、キー局アナウンサーの中でも大橋アナは上位に入る確率は高い。
「ぷっちぬき」でテレビ東京に来ていたテレビ雑誌の記者を取材した際、積極的に自分のシャツにサインをしたりレモンを持ったりと、テレビ東京をアピールしていた。そのあまりの必死さをポイズンガールバンドからも突っ込まれていた。
生年月日と血液型がロバートの秋山竜次と同じ。
以前から東京ヤクルトスワローズの城石憲之内野手との交際が報じられており、2006年夏頃に憶測に基づく破局報道が複数のタブロイド紙などに報じられたが、逆に同年11月17日には一部スポーツ新聞上で同選手と結婚間近との記事が載せられた。更に12月16日にはマスコミを通じて正式に婚約を発表。
2007年1月1日に婚姻届を提出し、城石憲之内野手と正式に夫婦となった。同じ日に同期入社の倉野も7歳年上のミュージシャンと入籍している。


アナウンス能力
番組の司会・進行(稀に強引な面もあるが)は定評がある。
スポーツ、バラエティのほかに情報、ナレーション、インタビュアーと分野は幅広い。(本人はさらに広げたいらしく、コスプレや下ネタは経験と考えていると語っていた。)

精神面が強い。2005年、番組の改編によって都合上、番組への出演が困難になったため降板する話が出たとき、上司に番組への意気込みを語り、出演を継続することに成功した。また、2004年にも「アテネオリンピックは夢です。」と語り、クルーの一員に入れてもらうことに成功(当初からアテネ五輪を大橋が担当するという話があったらしいが、当時の時点ですでに多くの番組を担当していたため、微妙な立場であったことからと思われる。)その後はメインキャスターを務め、自らの夢もかなえた。


“チャレンジ精神旺盛”で、スタッフや共演者から誘われたり提示されたりすると、興味があれば経験しておくことにしているらしい。コスプレやグラビアはあくまで「仕事」として挑戦した。

スポーツニュースを担当しているが、競技知識やルールに精通しているという訳ではない。野球選手の妻ではあるが、「配球は打席に立った人でないと解りません、“諦めています”。逆に開き直って、それ以外の視聴者が知りたい情報を追っています」と語ったことがある。

更新履歴